倉橋協子先生を訪ねて

先生を訪ねて、福岡県の須恵町までいってきました。

kura_title01.gif


kura_mini.jpg お伺いした日は、たくさんの作品を見せていただきました。丁寧なつつみの中から、取り出した色紙に描かれた四季折々の絵。繊細さと大胆さが織り交ざって目に飛び込んできます。  日本画にとらわれず、部屋には先生が描いたパステル画も。 「子供の頃から絵が好きで...」という先生の言葉には絵を愛する心が満ちあふれていました。  幼い頃からはじめた書もまた、古典を敬愛し、ひたむきに向き合ってきたからこそ醸し出せる、心と味わいに満ちています。


倉橋先生には如水庵の「干支菓」、「御題菓」、「干支饅頭」等の画、書をデザインしていただいています。

kura_tenkoku.jpg 印の芸術 篆刻

篆刻(てんこく)は東洋だけの「印」の芸術です。
梅 舒適 先生に師事した篆刻の世界。たくさんの印は、それぞれの画や書に添えられます。





kura_title02.gif


kura_pic01.jpg
『ミゼリコルディアの井戸』
岩絵具
平成17年春の院展入選作品
kura_pic02.jpg
『ざくろ』
水干絵具(すいひえのぐ)


-------------------------------------------------------------------------------------------------------
倉橋協子先生プロフィール

子供のころより書道に親しみ、高校生の時から須恵町在住の伴信行先生に師事し、古典を学ぶ。大学4年生の頃から書道教室をはじめる。現在、松尾敏男先生に師事。
平成2年~平成16年 梅 舒適 先生に篆刻を師事。
平成3年~平成8年 本田翔先生に日本画を師事。
院展(日本美術院展覧会)入選、福岡県美術展 県美術協会賞、福岡県美術展 特別奨励賞、福岡県美術展 宗像市長賞、など入選多数。 日本美術院院友、福岡県美術協会正会員

ウェブページ

             
子育て応援宣言      
     
■両立支援■       
如水庵グループ一般事業主行動計画